電動工具の使い方をマスターしてDIYで活してみよう

DIYに必要な工具とは?

まずDIYとは何かご存知でしょうか。ホームセンターでもよく表示されている三文字のアルファベットは、「ドゥイットユアセル」の略で意味は「自分でやる」です。昔の言い方で言えば日曜大工のことなのです。日曜大工と言えば、トンカチ、釘、ノコギリ、ノギスやカンナ、ヤスリなど様々な工具を必要としますが、DIYに大活躍しそうな工具と言えば、電動工具ではないでしょうか。電動工具を一度使ってみれば分かりますが、電動工具は便利以外の何物でもないことに気付くでしょう。

最もポピュラーな電動工具は?

電動工具には色々な種類があります。中でも最もポピュラーな電動工具と言えば、ドリルドライバーでしょう。ドリルドライバーはチャックにビットを差し込めば、ブラスマイナスのドライバー、六角レンチなど様々なビットを使用出来るのでとても便利な電動工具と言えます。スイッチはトリガー式でピストルのように引くとスイッチが入る仕組みで、無段変速機能が搭載されているモデルなら引き具合によって回転数を早くしたり遅くしたり調整出来るのでお薦めです。

電動工具を使う上での注意

電動工具は力を入れずに回転させることが出来るので作業者の疲労は最小限で済みます。ネジを100本打つとなればドリルドライバーなしでは難しいでしょう。電動工具にはスイッチが付いていますが、使用後や使わない時は必ずオフにして下さい。何かの拍子に勝手に動いてしまったらバッテリーが無くなるまで回転し続けてしまうので非常に危険です。電動工具はバッテリー式ですから、作業中バッテリー切れを起こすと途中で使えなくなります。作業前日にバッテリーの充電を完全に済ませておきましょう。

電動工具の買取を依頼するには、製品の状態やメーカーの種類などによっても事情が異なるため、業者選びを重視することがポイントです。